人が食べられる食材で作った国産無添加ドッグフード

ドッグフード無添加ピュアワン

お問い合わせはこちら 受付時間:平日10:00〜18:00 ※土日祝は所長直通ダイヤル070-5586-9379へ! お問い合わせはこちら

犬のゴハン、何に気をつけたら良いの?

dog1

私達の大切な家族であるワンちゃん。できることならワンちゃんにずっと幸せに生きていて欲しい、限りある愛犬との時間を大切にしたいと祈るような気持ちで過ごす飼い主さんも多いのではないでしょうか。

ワンちゃんの体を作る日々の食事には気をつけているけれど、本当にこれで良いのかな?ドッグフードには何が入っているんだろう?

ワンちゃんの健康のためにはどんな食事が必要で、どんなことに気をつけたら良いのでしょうか。

 

 

  1. 犬のゴハン、何に気をつけたら良いの?
  2. まとめ

1.犬のゴハン、何に気をつけたら良いの?

ワンちゃんに必要な栄養を適切な量であげること

dog4 ワンちゃんに必要な栄養を大きく分けるとタンパク質、脂肪、炭水化物、ビタミン、ミネラル、水分、の6つになります。あれ?人間の食べ物と同じじゃない、人間と同じような栄養の摂り方を考えれば良いのね?いえいえ、実は違うんです!摂取する栄養の種類は同じでも必要とする摂取量は大きく異なるんです。 例えば炭水化物ですが、ワンちゃんは人間と違って炭水化物を分解するのが得意ではありません。炭水化物も必要な栄養素ではありますが、炭水化物の分解が苦手なのに人間と同じように炭水化物が主体の食事をさせ続けてしまうと大腸の炎症などを引き起こしてしまう可能性もあります。 また塩分の摂取量は体重5キロくらいの小型犬に必要な塩分は一日あたりわずか1gと言われています。人間の一日あたりのおおよその必要摂取量は9g~11g前後です。人間と犬に必要なものはこんなにも違うんです。 ではワンちゃんに必要な栄養をもっと詳しく見ていきましょう。  

タンパク質

meat

ワンちゃんの体は多くの筋肉で作られていて、ワンちゃんの主食が良質なタンパク質です。また、毛や皮膚もタンパク質から作られます。このタンパク質はワンちゃんにとってとても大事な栄養素で、人の4倍以上を必要としているんです。

またタンパク質からなる酵素は筋肉や毛、皮膚を作るだけでなく代謝や免疫を保つための重要な役割をしています。なので良質なタンパク質の摂取はワンちゃんの健康にとって必要不可欠なことなんです。

このタンパク質はワンちゃんにとって吸収しやすい動物性タンパク質と、吸収しにくい植物性タンパク質のふたつがあります。

吸収しやすい動物性タンパク質とは、お肉(鶏肉、ラム肉、牛肉、鹿肉、馬肉等)、魚(サーモン、ニシン、ナマズ、カレイ、白身魚など)、卵 などで、吸収しにくい植物性タンパク質にはトウモロコシやコーングルテンなどがあります。

どちらも必要なタンパク質ですが、吸収しにくい食材がメインとなっている場合、例えばラベルなどにタンパク質24%と記載されていてもワンちゃんの体に吸収される量はこの表記よりもかなり少なくなってしまうため、一日に必要な量のタンパク質を摂取することができません。

この食べた分量に対し体に保持されるタンパク質の料を生物価といい、卵や鶏の肉はタンパク質の中でも生物価が高く、その割合は95%以上であると言われています。ドッグフード無添加ピュアワンは生物価の観点からも、ワンちゃんの体をつくるタンパク質にこだわり、安心安全の国産鶏肉を使用しています。そして当店のドッグフードは原料の半分がこの鶏肉からできています。

脂肪

Fat

脂肪は臓器を保護したり、皮膚や被毛を美しく保つために必要なものです。ですが、取りすぎもワンちゃんの健康に良くなく、取らなすぎも良くないのです。

炭水化物

poteto

先程お話したとおり、ワンちゃんは炭水化物の分解が苦手ですが炭水化物もワンちゃんにとって必要なものなんです。炭水化物はタンパク質を有効活用するために必要だと言われています。ワンちゃんが生活するためのエネルギーを炭水化物で補っているのです。人間と違ってワンちゃんにとっての主食ではなく、分量は少しで良いということを知っておくことが大切です。

ビタミン

wheat 必要とされるビタミンはB1、B2、B6、B12、パントテン酸、ナイアシン、葉酸、ビオチン、コリン、ビタミンC、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKなどが必要で、ビタミンB2やB12は鶏肉や鶏レバーなどに多く含まれます。 ビタミンはワンちゃんの体調を整えるのに必要です。体内で合成できませんので、食べ物から摂取することが必要です。ただ、ビタミンCに関しては人間と違いワンちゃんは自分で合成することができるようです。また、ビタミンKもワンちゃんの腸内細菌が必要な量をすでに持っています。

 カルシウム

ワンちゃんの骨の形成の他に筋肉の伸縮や、神経の伝達にまで関係しています。ワンちゃんが必要なカルシウムは人間の役14倍必要だと言われています。カルシウムが不足すると、骨が自分を削って必要なカルシウムを作り出そうとするため折れやすいような骨になってしまいます。 ですがカルシウムの与えすぎも良くなくて、カルシウムを与え過ぎることによる骨折もあり、必要な量なカルシウムをあげることが大事です。カルシウムはピュアワンにも含まれている大麦からも摂取することができます。

ミネラル

ミネラルもワンちゃんの体調を整えるのに必要な栄養素です。犬で必要なミネラルは11~12種と多くありますが、ミネラルの過剰摂取にならないように気をつけることがとても大事です。このミネラルも大麦などから摂取することができます。

水分

water2

水は血液や体の中の水分を調節するのにも必要な成分です。新鮮な水が人にとって必要なものであるのと同じでワンちゃんにとっても水ってとても大事なものなんです。

健康なワンちゃんが一日で必要な水分量は一日に必要なエネルギー量と等しいと言われています。人間にとって適している水はワンちゃんにとっても適しています。

水分不足になってしまうと、消化器科、呼吸器科、泌尿器科にダメージを与えてしまうことがあります。ワンちゃんは体内の全体の水分量が10%失われると危篤状態になってしまうこともあり、夏場は特にですが、普段の水分調整も気をつけてあげることはとても大事なことです。

2.まとめ

puppy dog ワンちゃん達は人間のように自分でゴハンを選んで買って食べることができません。飼い主さんが人間のゴハンをあげれば喜んで食べるワンちゃんもいます。ワンちゃんの健康な食生活を守れるのは飼い主さんだけです。是非ワンちゃんの健康を守るためにワンちゃんにとって必要な食事って何かを一緒に考えていきましょう。 人間一人ひとり好みや体質が違うように、ワンちゃんにも一匹一匹体質や好みがあります。ドッグフード無添加ピュアワンはどのワンちゃんも健康でいて欲しい、そのためのドッグフードを追求していきたいと考えていますが、それぞれのワンちゃんに合ったドッグフード、必要なドッグフードが何かを、ワンちゃんの健康に寄り添いながら考え、健康を食で守っていきます。